colorful

過去への手紙

寂しいのは暇だから

あの場所での私の存在感は、やめて四ヶ月も経てばもう空気みたいなものだろうし、好きだった人だって、もう彼の日常に戻って楽しくやっているんだろうし。

なんだか悔しい。

未だにこんなに囚われているのは、囚われていたいから。

寂しがることが楽しいから、私は寂しさにかまけているんだ。

日常が充実していないから、非日常に浸っていたいだけだ。

悔しい。


化粧っ気もなかったのがまたメイクをするようになって、増えた体重も戻って、新しい服を買って、仕事も楽しくなって、新しい楽器も始めたし、読書をして世界も広がってるし、数えればきりがないほど楽しいことがあるのに、なんで今もこんなにこだわってるのかな、私。

恋愛だけしかできない女にはなりたくない。


変わろう。変わりたい、じゃなく、変わっていこう。