colorful

前へ進むための場所

わかったこと

たぶんだけど、好きだった人は、自分のことが一番好きで、自分を一番大切だと決めていたんだな。

だから、私のことを扱うときは、自分がリスクを負わなくていい範囲でギリギリまで求めていたんだろう。

愛情をあげると、すごく喉が渇いているみたいにごくごく飲み干してしまうような。

でも、一番大事なのは私ではなく好きな人自身だから、私に愛情はあげられなかった。


私は第一印象で男の人を好きになって、そこから好きな面を探してはもっともっと好きになるようなタイプの人間だから、時々すごい勘違いをする。

自分自身を勘違いして見ているような女性に、自分をなげうつような愛情はあげられないだろう。


もし、好きだった人をありのままに捉えて、そうして、愛情をたっぷり注いであげられるような女性が現れたら、好きだった人はその人のためになんだってするだろう。


一つずつ、勘違いが解けていきます。